メンズ香水

甘い香り
甘い香りの香水はメンズ香水には少なめです。
理由は、甘めの香りの香水はレディースに多いため。
ただ、男性が女性用の香水をつけると甘ったるい香りでやや不自然になりがちなので、ここではメンズの甘めの香水をご紹介します。

 

1 ライジングウェーブ ピンク
王道のメンズ香水ライジングウェーブのピンクは甘めの香りですが、そこまできつ過ぎず女性からの好感度も高い香水です。
価格も2,000円ほどでコスパ的のもよく1本で3ヶ月以上は使えます。
首筋や手首に2プッシュほどしておくと、すれ違いの際にフワーっと香らせることができます。
また、足首や腰にプッシュしておくと、時間が経つにつれて下から立ち込める香りを演出できます。
女性の方が男性よりも背が低い場合が多いので、下から立ち込める香りを演出するのは効果的です。
甘めの香りの香水の代表はまずライジングウェーブのピンクです。

 

2 ロードダイヤモンド ライトフレグランス グローリー
サッカーの本田圭祐選手がプロデュースしたロードダイヤモンドのライトフレグランスバージョンがキツ過ぎずいい香りです。
グローリーはピンクのパッケージです。
他の香水に比べると香りの強さや持続性は低いものの、香水をつけてる感が出ず近くによると自然に良い香りがするので、女性からはかなり好印象を得ることができます。
香り自体も、誇張しすぎない甘めな香りです。
つけ方としては、首元や髪に2から3プッシュしておくと効果的です。
また、お風呂上がりやスポーツ後などボディーに直接プッシュする風にも使うことができます。

 

以上が甘い香りの香水でした。
他にも様々な甘い香りの香水はありますが、失敗せず女性からも好感度が高いのはこの2つかなと思います。
いずれにせよ、男性が甘ったるい香水をつけるのはちょっとどうかと思いますし。
このあたりの甘さなら自然で男の魅力を引き出してくれますよ♪